最高出力と最大トルクの違い

海-イルカエンジンの特性を判断するには出力とトルクを見ることで把握することが可能ですが、単純に出力やトルクが大きいだけでは判断できない部分もあります。出力やトルクの出方や回転数が重要になりますので、カタログに記載されているグラフを見ることで出力特性やトルク特性を判断することが可能です。出力とは速さを示す基準となり馬力やPSで表示されますが、エンジンが発揮できる最大値を最高出力と言います。一方でトルクとはエンジンが発揮できる回転数をしましますので、最大値を最大トルクと呼んでいるのです。トルクは回転数ですから、タイヤを回して車を進める力となり加速力を判断する要素となってきます。最大トルクが高いと、それだけ車を前に押し出す力が強いことになりますし、日常の運転シーンでは出力よりもトルクのある車の方が扱いやすくなってきます。一般的にはフラットトルクと言う言葉が使用されていますが、低い回転数で最大トルクが発生しそのまま最大出力が発生する回転数までトルクが落ち込まないエンジン程扱いやすくなります。エンジンには高回転型や低回転型などの特性がありますが、高回転型のエンジンは最大出力が発生する回転数が高く、最大トルクの発生する回転数も高いのが普通です。回転数の差が広いほど扱いやすく、狭くなると扱いにくいエンジンとなります。

コメントは受け付けていません。