ラック&ピニオン式

海と夕日タイヤを回すという行為はバーチカルの軸の周回にタイヤを回転するように指示することであって、
その操作をコントロールするハンドルも回転させ、前輪を回します。
その昔には、このハンドルを回転させる行為をギアやチェーンで前輪に連携していましたが、
前輪とハンドルには距離があり、前輪の近辺に操舵を司る装置を取り付ける場所を確保しづらい為に、
ハンドルの回転を一時的に前後や左右の運動にコンバージョンし、それを前輪の操作に使うようになったわけです。
これをステアリングユニットといいます。
そして、ラック&ピニオン式とは、そのステアリングユニットのステアリング・ギア機構が典型的な使用例であり、
ステアリング・ホイールからの軸の先にピニオン・ギアがあって、ラック・ギアは進行方向に直角に設置され、
ラックの両方の先にそれぞれタイヤのステアリングユニットをセットし、
ステアリング・ホイールのコントロールによりピニオン・ギアが周回して、
ラックが左右をホリゾンタルに移動することで前輪に伝わり向きを変える挙動の事をいいます。
ステアリングユニットはこのほかにも様々な種類があるが、今でも使用されている中では、
最も古い構造を持つ装置がラック&ピニオンであります。

コメントは受け付けていません。