ボールナット式

ステアリングというのは自動車の進行方向を変えるための舵取りをする役割を持つ装置のことで、その構造は大きく分けると2つあり、一つ目はラック&ピニオン式というもので、ステアリングシャフトの先端にピニオンギヤを取り付けて、そのギヤをシャフトに刻まれている歯の部分のラックとかみ合わせることによってピニオンギヤの動きを横方向に変換するというものです。
構造自体が簡単なので、軽量化が簡単にできることや、ステアリング操作時の剛性が強く、反応も良いためにスポーツモデルなどに積極的に採用されているタイプです。もう一つはボールナット式と呼ばれていて、パーツ数が多く構造が複雑であるというデメリットがありますが、動作がスムーズでなおかつステアリングのギヤ比を大きくできるというメリットがあるために、大きな操作力を必要とする大型車やトラックなどのステアリング形式に適しています。
現在、多くの自動車にはパワーステアリングという軽い力でもステアリングを回すことができるというシステムが搭載されていて、操作をするときのアシストとしては油圧式や電動式などがあり、その車に求められている走行性やコスト、操作性などによって採用される方式が変わっています。

コメントは受け付けていません。